妊娠中の抜け毛の原因 なぜ抜け毛が増えるのか

妊娠中に抜け毛が増える理由

妊娠中は普段の場合に比べて抜け毛が増えることになるのですが、その原因はどのようなものがあるのでしょうか?女性は男性よりも自分の外見を大事にするので、ハゲることに対して抵抗感を感じます。そのため抜け毛が多くなったらできるだけ対策したいと考えるのですが、そのためには原因を知っておく必要があります。

 

そこで妊娠中に抜け毛が増える原因は以下のようなことがあげられます。

 

ホルモンバランスが崩れるのが原因

妊娠中においては通常の場合に比べてプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が活発になります。この女性ホルモンは体全体に栄養や水分を送る働きを持っていて、髪の毛を生えやすくする効果もあります。そのため通常よりも髪の毛の抜けるまでの期間が長くなってしまい、それが原因で不規則に髪の毛が抜けたりすることになって、抜け毛の量が多くなってしまいます。そして妊娠中の抜け毛はこのような要因で起こるので、完全に無くすことはできませんが、いろいろな対策をすることによって少しは抑制することができます。

 

ヘアサイクルが乱れるのも原因の一つです

妊娠中はどうしてもホルモンバランスが乱れてきてしまうので、体にいろいろな変化が出てきてしまいますが、髪の毛が生えてから抜けるまでの期間であるヘアサイクルも乱れてきてしまいます。通常の場合であれば、ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期の3つのサイクルがあり、一定の時期を経過すると自然に髪の毛が抜けていくことになるのですが、妊娠中の場合はホルモンバランスの変化によってこのサイクルが変化してしまい、通常の場合よりも短くなってしまうことがあるからです。これが原因で抜けてしまう髪の毛の量が集中してしまい、抜け毛の量が増えてしまうことになります。
また妊娠中は体内にいる赤ちゃんに本来自分に行くはずの栄養分が行かなくなってしまうことも多いです。そのため髪の毛がしっかり生えるために必要な栄養分が不足してしまい、その結果髪の毛が弱々しくなってしまい、抜けてしまうということも多いです。