妊娠初期に抜け毛が増える原因

妊娠初期に抜け毛が増える原因

女性が妊娠をすると通常の場合に比べて抜け毛が多くなるのでとても悩まされます。そして妊娠をしている時期によって抜け毛の量も変わってくるのですが、妊娠初期においても通常と比べると抜け毛が増えるのは顕著にあらわれます。そこで妊娠初期に抜け毛が増える原因としてどのようなことがあげられるのでしょうか?

 

ホルモンバランスが乱れることによって抜け毛が増える

女性は妊娠をすると体内で作られる女性ホルモンの数が多くなります。これによって髪の毛がなかなか抜けにくくなったり、逆に短期間で抜けてしまったりして、一定のサイクルが崩れてしまいます。そのため一時的に通常の場合の2倍以上の髪の毛が抜けてしまうこともあり、多くの女性を不安にさせることになります。
しかし女性ホルモンが増えることによって常に抜け毛が増えてしまうというわけではなく、髪の毛が抜けにくくなる場合もあるので、逆に抜け毛が少なくなることもあります。そのため妊娠初期に抜け毛が増える原因はホルモンバランスが乱れる以外のこともあります。

 

環境の変化やストレスも原因の一つです

女性が妊娠をすることによって、どうしても通常の場合に比べて行動が制限されてしまいます。そのため自分のやりたいことがあってもすることができないという場合も多々あり、それがストレスとなってしまいます。また妊娠をすると常に体内にいる赤ちゃんが無事に成長をしているかどうかを気にすることになるので、どうしても毎日張り詰めた生活を送ることになります。また環境面でも変化があり、これまでは積極的に外出していたのが家の中ばかりにいる生活になってしまうので、妊娠初期のころにはなかなかこの環境の変化になれることができません。

 

このように環境の変化やストレスが溜まってきてしまうと体に悪い影響が出てきてしまい、それが原因で抜け毛が増えてきてしまいます。そのため妊娠初期に増える抜け毛を予防するためにはできるだけストレスを解消することに努めたり、また与えられた環境での楽しみを見つけるようにしましょう。